かきとり収益とサラダ尽くしが貫くリーフレタス

畑の片隅にマテリアルをばら撒きしただけで、他に総合手を加えていないリーフレタスだが、大きな葉をどんどんと広げて飯台をにぎやかにしてくれている。
普通のレタスを育てたことはあるが、リーフレタスはいよいよだったので、様子見という事で種まきの時に元肥を入れただけで別は正にほったらかしにしてみたが、病も虫も無く収益まで至った。
間引きすらしなかったので密集して茂ってしまったのだけが粗相といえば粗相だが、かきとり収益を続けてかろうじて壌土が窺える度合いにやる。
やがて痩せてくるかなと思いきや、葉の広まる勢力のほうが勝っている調子で、一年中大きなボールに一杯になるほどに収益が貫くのは有り難い誤算だった。
暑くなるととう上りする様なのであんな状況も今だけだと思うが、野菜にあふれる日々というのは思いのほかいい気持ちにされられるなと想う。
売ってるものに比べてシャキシャキとした歯ごたえが凄いので、結球やる手法とそんなに貫く食べ方ができるのもありがたい。
さすがに本数が本数なので、食べきれないパイはスムージーにして大量使用やるが、野菜が余るという楽しい状況に婦人は極めて嫌がっていないのだけが救いかもしれない。