今日は届くはずもないけれど、心の中で、芸能人のキンタローさんにごめんなさいと謝りました。
というのも、先日、キンタローさんがブログでまだ書くことはできないけれど、大変なことがあったとか、自分は大馬鹿やろうなどというような感じの文章があったので、てっきり、キンタローさんがなにかしでかしたのだと思ってしまいました。
ダンスをやっているので、そのダンス関係の男性とひょっとして浮気してしまったのかなあ?なんて思ってしまったのです。
キンタローさんが心を痛めて書けなかったことは愛犬が天国へ旅立ったことでした。
ダンスの練習なんかしないで、愛犬をもっと早く病院へ連れて行ってあげればよかったという思いが大馬鹿野郎ということだったんだと思います。
愛犬をなくして、悲しい気分になっているキンタローさんに不倫したのでは?なんて思ってしまったことが申し訳ないです。
芸能人といえば、不倫というのが最近、私の中でインプットされておりました。
心の中でキンタローさんには謝罪したいと思います。
ダンスもうまく行きますように。ミュゼ 100円 いつまで

子どもの写真を整理しなきゃと思っているのですが、なかなか出来ず、いつも気になっています。
気にはなるものの、時間も取れないので、なかなか現像もできていない状態です。

幼稚園の行事の度に、幼稚園から写真をもらってきますが、その写真もアルバムに挟むことなく過ぎてしまっています。
いい加減、整理をしないとと思い、少し前からアルバムを探し始めました。

そして、別のものがほしくて、ドン・キホーテに行ったときに、増やせるアルバムを見つけました。
ミッフィーちゃんのシンプルで大人になってもかわいいと思える表紙だったので買う気満々だったのですが、ふと、アマゾンはどうだろう?と思い調べたところ、アマゾンで買った方が安かったので、アマゾンで買うことにしました。

ネットで買った方が荷物も家に運んでもらえて楽だし一石二鳥ですね。
そして、家に帰ってからすぐにネットで注文しました。
まだ届いていませんが、届いたら、早速写真を挟んで行こうと思います。

消防士の面接を受けるときには、他にも警察とか受けているのか、とか聞かれることでしょう。しかし、志望動機としては消防士一本です、といっておいたほうがよいことが多いです。じゃあ、消防士じゃなくてもいいんだね、といわれてしまう可能性があるからです。この点に関してはなかなか難しい問題ではあるのですが基本的には避けるべきことといえるでしょう。もちろん、それだけで非常に成績がよい人を落すようなことはないのですが、避けられる減点ポイントがあるのであればそれは避けるべきでしょう。但し、それ一本しか受けていない、という人に対してリスク管理ができていないといわれることもあります。つまりは、どっちかいまいちわからないことともいえますから、他にも受けているの?という質問に対しては無難に答えておくことがお勧めできるでしょう。そのあたりは意外と難しいことになりますし、正解があるわけではありませんから注意しておくしかないのです。

仕事場が移るにあたってその為の資料を作っていますが、どうすれば私の後を継ぐ人の為に頑張ってみていますが、2時間くらいやっただけで飽きてしまいました。
私の色んな練習の為にやっているという感覚でやらないとやってられないです。
今は仕事が落ち着いているからいいですが、後からやる人はどうするんだろうなと思っています。面倒な資料を作って次の人を困らせようと思っています。
私のパソコンに入っているソフトで作ったら上手にいくけど、次の人が本当にイラっとするんだろうなと思うし、貰った方も最初はいい資料だと思っても、後々「誰だよこんな志資料を作った奴は」と思う資料を作ってやろうと思います。
作る期間は2月いっぱいにしてそれまでに形にしてやろうと思っています。
半分意地になっている私です。
こんな資料を作る奴もいたんだなと思ってもらえる完璧な資料を作るのを目標にしようと思っています。
あと10日ぐらい集中して作ればなんとかなるかなって感じです。キレイモ 初回無料

いつもは京橋のイオンまで行くのに電車を利用していましたが、今日は歩いて行ってみることにしました。
だいたい30分ほどでイオンに着いたので、これからはお散歩を兼ねて歩いて行こうと決めました。
歩いていると、少し狭い道もあったので、ポケモンGOなどをしながらというわけには行かない様子ですが、交通費が浮くならばすごくいいなと思いました。
というのも交通費が往復で320円かかるなら、交通費と近所のスーパーで少し割高でも買うのならばどっちの方がいいのかといつも考えていたので。
ただ、買うものがお肉や冷凍食品が多かったりするので、帰りは160円の交通費をかけて電車で帰ってくるしかないのですがね。
それでも160塩分何か余分に買い物をしてもいいのかなと思ったりしました。
交通費に使うくらいなら、美味しいパンだったり違うものを買ってもいいですしね。
何より歩くことでとても体が楽になって来ているような気がします。便秘も改善されて来ていますしね。

底地というのは、当たり前ではありますが自分の土地になります。ですから、売れないわけではないのです。そのため、別にもういらないのであれば売ってしまうということがお勧めできることがあります。しかし、ほしがる人がいるのか、といえばそれは非常に微妙になります。何故かといいますとそもそも底地とは要するに借地権がついている土地であるからです。ですから、既に借地権を持っている人であればそれはほしいかもしれませんがそうではない場合、どうしてもそうではない場合には、売りにくいということになります。しかし、しっかりと底地には良い点があるのです。それは、貸せていることです。とにかく大事なことはそれで利益がキチンと問題なく出ているのか、ということが土地にはあります。そうした意味においてはまったく問題ない、ということがありますから、これはよく覚えておきましょう。底地というのは財産ではありますし、利益になっているというのであれば問題はないでしょう。

最近ハンドメイド作家が増えてきています。自宅で自分の得意なもの、手芸やアクセサリー、家具、消しゴムはんこ、お財布などの革製品から、最近はハンドメイドサイトでも食べ物まで扱えるようになったそうで、幅広くなりました。その背景には何があるのでしょうか。私もハンドメイドでアクセサリーを作ってネット販売をしている一人ですので、私の考えを述べたいと思います。
私の場合は姉が消しゴムはんこを始めて、フェイスブックで作品を紹介したところすぐに売れてしまったのです。私も何か趣味のようなものが欲しいなあと思ったこともありますが、事情があって常勤で働くことができないので家にいることが多く、一人でもくもくと集中することが好きでしたので、アクセサリー作りをしようと始めました。
図書館で働いている姉がよく本を借りてきてくれるのですが、その中に「タティングレース」というレース編みの本がありました。姉は最初自分で始めようと思っていたみたいですが、私が夢中になってしまって、最初は失敗ばかりでしたが、その失敗が他にはない作品でアシンメトリーの一点ものに仕上がったりしたので、オリジナリティーがあって反って良い物になりました。それからすぐにハンドメイドサイトに登録をして、私もフェイスブックも始めてみました。売れ行きはあまり良く有りませんが、外で働けなくて何もできない私にとっては希望にもなりますし、物を生み出すというのは人間にとって必要なことだと思います。何かのテレビでも、これもまた服作りをしている人にインタビューしている番組を見たのですが「人は何か作らないと」と言っているのを聞きました。私にはこの言葉がじんわりと響きました。
ハンドメイドは趣味の延長のように好きなことで働ける、人間関係のストレスが少ない、時間の使い方が自由にできる、他の仕事とのスケジュール調整もしやすいなど、メリットが沢山あります。デメリットは人によっては収入が安定しないこと、売れっ子になれるかわからないので、それだけでの生活補償がないことなどもあります。ハンドメイド作家人口の増加も埋もれてしまう原因となっています。どこの世界も厳しいと思いますが、それでも諦めないで作り続けること、生み出すこと。上手くいかない時にこそ、その人の人生の煌きがかかってくるのだと思います。ミュゼ 100円 場所

先週子供が、学校から帰ってきて、毛虫みたよー。と言いました。
そうか、もう出てきたかーと思っていました。そして、川沿いのバーベキューはもう無理だな。と思いました。
去年季節もいいし!と川沿いでバーベキューをしたときに、ものすごい毛虫で、子供達が半泣きで逃げまどい、最後は毛虫をトングで持てるかどうか!という度胸試し大会みたいになって、バーベキューのおいしい楽しさはどこへやら状態になったので、
毛虫シーズンはもうやーめよ。っと思ったのでした。
そんなことを思った子供からの報告でしたが、今日、幼稚園に送りにいったときに私も今年初の毛虫ちゃんと出会いました。
その時はもう子供を送り届けたあと自分ひとりで家に帰るところだったので、子供は見れなかったので残念だったですが、
去年と同じ(あたりまえか)茶色の毛がモサモサ生えている毛虫ちゃんでした。
これから行き帰りに見ることも増えそうだなーと思いました。青虫とかだとさわれるのになぁ。いちばんオススメの酵素

皆さん、「図書館戦争」という本、映画を覚えていますか?有川浩さんの作品です。有川浩さんといえば「フリーター家を買う」しか知らなかった私です。しかしV6の岡田准一さんが映画の主演をされるということで話題になりました。実は、私、シリーズ1回目はあまり知らないし興味もなかったのです。図書館で戦争?何それ?ってな感じで。ですが、シリーズ2の公開にあたってテレビ放映していたのをたまたま見まして、とりこになってしまったのです。それまで岡田さんのこともそんなに興味もなかったのですが、ファンになってしまいました。ネットの世界では今でも主婦層を中心に「図書館戦争」のコアなファンが多いですね。本に対する検閲が行なわれる時代にあって本を守るために組織されたのが「図書隊」なのです。でも戦うなかでのラブ要素がいいおばさんになってもキュンキュンしてしまうのです。教官と部下の恋模様がじれったくて、でも応援したくなってしまいます。私は映画を見てからファンになり原作を購入しました。岡田さんの堂上教官役もいいのですが、原作はもっといいのです。そういえば、この映画はイケメンが他にも出演しています、福士聡太さんや田中圭さん。二人とも原作に沿った配役ですよ。田中圭さんって実はいろいろな作品にでているのですが、この役が当たるまでは、殺人犯とか悪い役が多かったのですが、この映画のあとからさわやかイケメンの役が多くなったようです。ご本人がテレビでお話しされていました。私も、それから田中さんを応援しています。でも、なんと言っても原作の堂上教官が好きなのですが。ちょっと昔風なイケメンなのです。不器用な王子様なのです。あんな人に出会いたかったわあなんて思う女性が多いのかも。もう本当にかっこいいのです。まだ、図書館戦争を読んでいない方がいらっしゃったら是非是非読んでみてください。

会社に好きな女の子がいます。かれこれ半年間くらい片思いをしています。さっさと告白して思いを伝えたい気持ちもあるのですが、彼女には旦那さんと子供もいるのです。

彼女は、30代前半なのですが、若く見えますし、バリバリ働いている感じなので、結婚はしていたとしても、まさか子供がいるとは思いませんでした。独身前提のつもりで接していたので、子供がいることを知った時は、かなりショックでした。

そして、その事実を知ってしまった時、自分の恋心に気付いてしまったのです。彼女ともっと親しくなりたいと思う反面、万が一不倫に発展してしまったらと思うと、一歩が踏み出せないのです。

他に好きな人を作れば、気も紛れるかとも思ったのですが、そんな風に簡単にはいかず、彼女への想いが募るばかりです。そして、彼女も私の好意に恐らく気付いており、気のある素ぶりを見せてきたりします。はたから見れば、イチャついているようにも見えるかもしれません。

彼女への想いを断ち切らねばと思っています。